こちらはJE1HFUどうぞ

TECH系HAMになりたい

QSLダイレクト送付の連絡先をどう交換するか

f:id:je1hfu:20200323105204p:plain

どのように安全に個人情報のやり取りをするか

D-STARのメッセージ機能を活用する

D-STARのDVモードを使って、シンプレックスで交信することにめちゃめちゃ興味を持っています。

僕はJARLに入会していないので、QSLカードをビューロ経由で送ることができません。

よって、QSLカードの交換は必然的にダイレクトになるのですが、QSLをダイレクトで送るのって、人によっては少し敷居が高いのかなと思ったりもします。個人情報をどうやってやりとりするか、住所氏名等の漢字をどう伝えるかなどなど。

D-STARには音声にメッセージを重畳する機能があります。僕はこの機能を活用すれば、QSLカードのダイレクト交換をよりスムーズに確実に、かつ安全にできるのではないかと考えています。その方法は?

メッセージ機能を使って電話番号を交換し、SMSで住所を交換

デジタルにしてはだいぶアナログな方法だと思いますが…

でも、これが一番確実で安全だと思いませんか。

どうやるかというと、QSLカードのダイレクト交換をお願いした上で、住所氏名等のやり取りはSMSでするのです。SMSは電話番号さえわかれば送ることができます。そして、この電話番号のやりとりに、メッセージ機能を活用できると思うんですよね。

D-STARのメッセージ機能を使って、お互いの電話番号を交換できれば、もし仮に無線を傍受していた第三者がいたずらのSMSを送ったとしても(そんな人はいないと信じたい)、QSLを交換しようとしている2局は互いの電話番号を把握しているので、第三者からのSMSがいたずらだとすぐにわかります。交換した番号ではない番号からのSMSだとわかるからです。

また、非通知SMSによるいたずらを懸念するかもしれません。この点については問題ありません。いたずら防止のため、非通知でSMSを送ることはできなくなっているからです。

SMSはキャリアの垣根が一切ない最強のシステム。これを活用しない手はない

SMSは2011年から、事業者(docomoやauやsoftbankなど)をまたいでやり取りができるようになりました。それまでは同一の事業者間でしかやりとりができなかったんです。

11桁の番号をお互いに交換するだけで、安全にメッセージのやり取りができるようになるSMSを活用しない手はないと思います。

(c)2020 Daichi Yamada | プライバシーポリシー